花粉運びがチラホラ

分蜂か“逃去”かの悲劇から一週間過ぎた。
 一時は九割方女王蜂不在を思ったけれども、毎日の様子を見ているとどうもそうでもないようだ。
 以前ほどではないものの、出入りのハチが多くなり特に朝8時から9時ごろには、花粉を持ったハチがチラホラと見えるようになった。
 花粉は幼生の餌ということなので、女王蜂が健在ではないだろうか。
 それとは別に、午後になると水道の蛇口の下に水を飲みに来るハチが多い。喉が渇くなどということではなく、巣の温度を下げるためではないだろうか。
 
 尚、出入り口は8ミリ×100ミリの大きさだが、中の温度を下げるために一時的に高さを20ミリに広げてある。スズメバチの季節になったら狭めなければならないと思う。
2008/08/04
d0170960_20163771.jpg


by oantaka | 2010-06-07 20:16
line

日が山の端にかかる残り少ない時間。思い浮かんだあれこれの独り言です。


by pantaka
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31