少し手直し

 巣箱の前に、樹齢30年のクリの木が並んで生えている。
 春先は開けた感じだったのだが、葉が繁ったこの頃は見通しが悪くなって、ミツバチたちは大きく迂回してから巣箱に帰ってくる。
 気にしている様子は見えないのだが、出来れば開けた空間の方を向けた方が良いだろうということが一つ。
 暑くなった時の換気と、観察用にもう一段追加したかった。
 追加した最下段は高さ130ミリ。
 蝶番で開閉出来、前面は3ミリ目の金網を張ってあり、夏になったら覆いの板を外して外気を入れるようになっている。
 
 向きを90度変え、位置を1メートル移動したのだが、たったこれだけのことで帰ってきたミツバチ達は入り口がわからなくなって、うろうろするものが多いことにビックリする。
 ミツバチは昆虫の進化の最終段階にあるということだが、ホントかいなと思ってしまう。
2009/06/10
d0170960_15103488.jpg


by oantaka | 2010-06-08 15:10
line

日が山の端にかかる残り少ない時間。思い浮かんだあれこれの独り言です。


by pantaka
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30