巣板が落下

 ひとつ前の『ホスピス』の巣箱のこと。

 再度の大風で雨よけのトタン板が飛ばされたが、見たところ異常がないようなので注意をしていなかったが、そ〜っと上の覆いを外して見たところ何やら巣を作り始めているような。(写真右側)
 ビックリしたことに、底には手のひら大を筆頭に3枚も落下して、黒山の人?だかりである。
 矢張り、トタン板が飛ばされた時の振動で、出来立ての脆い巣板が持ちこたえられなかったのだろう。
 
 落ちた巣房には幼虫の姿も。
 どうやら女王蜂は無事だったようで、不在という思惑が外れたのは有り難いけれど。
 使ってくれないかも知れないのだが、ここまで作るのは大変だろうと思い、大きな方の巣板を3ミリ厚さの板で両方から押さえ、桟にくくりつけた。(写真の左)
 そして、砂糖水を入れてやる。
d0170960_1912299.jpg


by oantaka | 2010-06-08 19:01
line

日が山の端にかかる残り少ない時間。思い浮かんだあれこれの独り言です。


by pantaka
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31