おかしいとおもうんだけどなあ

 みんながそう言っているけど、立ち止まって考えると変じゃないの、と思うことが結構多いように思います。

 まず、ダイオキシン。
 ダイオキシンが猛毒だという話は、マウスを使った実験で猛毒があるということが分かった、というものでした。
 その後イタリアの田舎町の化学工場の事故でダイオキシンがばらまかれ、1週間だかダイオキシンまみれの生活が続いたのに健康被害が出なかったので改めて調べたところ、人間には影響のないことが分かった、というものです。
 その時は既に法律が出来ていて、今では畑で草を燃やして通報されると、役人がすっ飛んできて写真を撮られ始末書を書かされます。
 この法律が出来たため、公私の焼却炉の大半が使えなくなり、旧白浜町の焼却場も使用をやめました。南房総市では全部ではないのですが、ゴミを大型ダンプに積んで延々と銚子まで運んでいます。

 CO2は地球温暖化の犯人という説
 イギリスの学者が、産業革命によって二酸化炭素が増え始めたが、このために地球の平均気温が上がり始めたということをグラフ(ホッケースティック曲線)を使って説明しました。
 このまま行くと氷が溶けて海面が上昇し、住めなくなるところが続出するという警告です。
 この段階ではひとつの『仮説』であって『定説』とは言えないはずですが、致命的なことはこのグラフは捏造であったということです。
 今でも科学者の90%は「二酸化炭素の増減と地球の温暖化は無関係」と思っていて、寧ろ寒冷化に向かっているという学者いるそうですね。
 
 チェルノブイリ
 事故から25年過ぎたそうですが、原発反対派はあの事故を教訓にして原発は使ってはならないといいます。
 日本のメディアが囃し立てた“惨害”は、実は確かめもせずに煽った結果だということが分かっています。反対派はこれを足がかりに運動をしているのですが、WHOは「多く見積もって死亡者は100人」ということです。
 死者の数でいえば、大気汚染の死者は700万人/年で、その内、少なくとも100万人は石炭火力発電が原因である、ということです。
 『福島事故』の死者は0でした。

「平和憲法を変えてはならぬ」
 安倍さんが政権に就いて、憲法九条の解釈を変えようとしています。
 反対派は、この九条こそ日本の平和の肝だから、変更はまかりならんと言います。
 じゃ、他の国の平和は考えなくてもいいのかという突っ込みはこの際置いておいて、心底そう思っているのなら、百田尚樹さんがいうように、外国が侵略してきたら、最前線に行って「我々には9条があるから立ち去れ」といってもらいましょう。
 これで戦にならないのなら、日本国民は枕を高くして寝ていられるというもので、こんな有難いことはありませんね。
 ところが日本共産党は「こういう人たちに死ねという百田はとんでもないヤツだ」と何度も噛みついたそうです。分かりやすいというか語るに落ちるというか、自分たちの矛盾に気付いていないのでしょうか。
 その共産党は憲法制定時の議会で、「我々はこのお仕着せ憲法に反対する」と反対票を投じたということですね。あれかから一字一句変えたことのない憲法を、今では変えてはならないという。
 これはどういうことなんでしょうか。
 
 全くの話、どうなっているのでしょう。
 

by oantaka | 2014-06-01 14:38 | さざえのつぶやき
line

日が山の端にかかる残り少ない時間。思い浮かんだあれこれの独り言です。


by pantaka
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30