ヨウラクラン

  『房州わんだぁらんど』という小さなSNSがあります。
  そこでお知り合いになったアイジさんが、いつの間にか庭木に生えていた株の一部を送って下さったのが写真のヨウラクラン。
  Wikipediaによると、大きさはせいぜい5㌢止りで、4月〜5月に咲く花穂の長さは2〜5㌢。花の色は淡い黄褐色ということですが、虫眼鏡で見なければ形が分からないくらいの、要するに見栄えのしない植物ということです。
  それでも、れっきとした着生ランの仲間で、【ラン科ヨウラクラン属】種名は英名でO.japonicaとイタリック体で書かれていますから、牧野さんか誰かが名付け親なのでしょうか。
 
 というわけで観賞価値は殆どないのに、希少価値があると思う人が多いせいか絶滅危惧種だそうで、罪作りな人たちがいるものです。
 
  iPhoneで写したのが下の写真です。
  着生ラン栽培用のコルクにミズゴケを着けて、その上に植えました。
  思惑通りに行けば、わが家で新しい群落を造ってくれることになるでしょう。

  名前の由来は、垂れ下がる花穂の様子が、菩薩や明王などのネックレスの瓔珞に似ているからだそうです。


d0170960_20405233.jpg


by oantaka | 2014-07-21 20:37 | さざえのつぶやき
line

日が山の端にかかる残り少ない時間。思い浮かんだあれこれの独り言です。


by pantaka
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30