孫たちへ 次は新しい憲法を

  反対があろうがなかろうが、多数の意見に従うという民主主義の国なら、初めから成立が決まっている安保法案の茶番劇が終わって、先ずはめでたしと言うところだね。
 而も自分からの提案や対案を持ち合わせず、なりふり構わず子供じみた反対を叫ぶだけの野党の有り様は、心ある人たちの気持ちを離れさせるだけだったのじゃないかな。
 これで漸く、アメリカの“乳母(おんば)日傘”から、少しは自力で自分を守るスタイルが出来たということかと思う。
  完全ではないけれども、漸く世間並みの国に近づいた、とジイは思う。
 
 日本は世界に誇っていい憲法を持っていると思うけれど、身を守るという点で苦しい言い訳をしなければならないのは、どう考えても不自然だと思う。
 恫喝に対しては、毅然とした態度が出来るような憲法の条文を持たねばならないのじゃないかな。


d0170960_2165429.jpg


by oantaka | 2015-09-28 21:07 | さざえのつぶやき
line

日が山の端にかかる残り少ない時間。思い浮かんだあれこれの独り言です。


by pantaka
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30