<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


昭和の日

 日本人の美徳を余すことなく体現され而も気負うことなく実行された、昭和天皇のお誕生日が巡ってきます。畏れ多いことですが、猫背で家鴨のような歩き方は、“さっそう”という感じからはほど遠い、生真面目一方に見えました。

 ところが実際には一流のユーモアと思いやりのお心をお持ちだったと、加瀬英明さんが書いています。
 
 天皇は散歩中にお堀の土手から都内を眺められるのがお好きだったそうです。
 昭和55年衆参両院議長や副議長をお茶の会にお招きになった時、社会党の秋山副議長が「陛下はお堀の土手から都内をご覧になるそうですが、一番のご関心は何でしょうか」と聞かれて「決まっているではないか。国会議事堂だよ。」と仰せになって愉快そうに笑われたということです。
 言うまでもなく、政争に明け暮れる議員たちをおからかいになったのです。

 昭和46年、両陛下はヨーロッパ訪問に出発しました。
 パリのフォンテーヌブローの森を案内された時、お見せしたい池のコイがなかなか現れず案内人が困惑しているとすかさず「今日は日曜日なので出てこないんでしょう」と仰せになって案内の人を慰めたと。

 昭和50年にアメリカを訪問された時、ディズニーランドでは子供たちとも交歓されて大いに楽しまれましたが、その時ミッキーマウスの腕時計を贈られて大いに喜ばれたことを、当時のニューヨークタイムズの東京支局長ヘンリー・スコット・ストークス記者が本社に送稿したのに、本社ではまさか謹厳実直の天皇が漫画の時計を使うはずがないと没にしてしまったとか。
 
 行動力は兎も角、腕時計ぐらいは真似たいと私もアメリカから取り寄せて常用しています。
 80歳の老僧とミッキーマウスの腕時計。
 このミスマッチが気に入っているのですが…。

 尚、ヘンリー・スコット・ストークス記者はイギリス人。
 最近、日本擁護の本(『連合国戦勝史観の虚妄』『何故、アメリは対日戦争を仕掛けたのか』など)を矢継ぎ早やに書いて、真実はどこにあったかを世に問うていますね。
d0170960_21465883.jpg


by oantaka | 2014-04-27 21:48 | さざえのつぶやき

パンドラの約束

 ハチ公広場から歩いて五分。スペイン坂を上りきったところの『シネマライズ』で『パンドラの約束』を観てきました。

 一貫して反原発の立場だったロバート・ストーン監督がこのドキュメント映画を作ったのは、映画制作の過程で原子力の実態を学ぶにつれ「地球の温暖化を避けながら貧困国の人たちをも救うためには原発しかない」という結論に至ったからだそうです。
 その説得力は、アメリカで開かれた『サンダンス映画祭2013』で上映した際、観客の75%が原発反対だったにも関わらず、映画が終わった時には80%の人が原子力支持に変わったということからも分かるように、淡々と事実を積み上げてゆく姿勢が説得力を持ったのだと思います。

 同じような、嘗ての反原発活動家が何人か登場しますが、反原発について一定の評価があった人が、ある日推進派になるということは随分勇気の要ることであったろうと思います。
 今も原発反対を唱える人も当然登場しますが、インタビューをすると論理的な反対ではなく、不思議なことに、憲法改正反対派と全く同じで「危険だからダメ、平和を脅かすからダメ」というような感情的としか思えない理由があるだけでした。

 また、アメリカ民主党の反対で今のところ実現できていない、次世代の原子力発電方式『統合型高速炉(IFR)』などならば全電源喪失のような過酷事故でも、熱暴走を起すことなく自力で安全に停止しますし、放射性廃棄物を燃料として使うため、貴金属を含む貴重な資源として再利用が可能になります。
 
 ただ、一緒に観た孫が言っていたように、原発のメリット・デメリットを知っているものには、平板でメリハリのない教科書のような映画でした。
 池田信夫さんも「率直にいって、教科書としてはよくできているが、映画としてはおもしろくない。監督の主張が表に出過ぎていて、観客を引き込む力がない。」とブログで言っていますが、これは多分「原発ってホントはどうなのよ」と思っている人には格好の、権威ある“教科書”だと思います。
 
 特に日本は原発についても世界トップの技術力を持っているそうですから、この方面でも世界に貢献するためには原発を止めるべきではないと思います。
d0170960_2241368.jpg


by oantaka | 2014-04-25 22:03 | さざえのつぶやき

同盟国としての信頼性を見よ

オバマさんやケネディ大使がが「安倍さんの靖国参拝」に失望したという話を聞くと「要職にある者ならば、相手の国の文化や歴史ぐらい勉強してからものを言え」などと思ってしまうし、メディアにも多くの人が同じ趣旨の発言をしています。
 その通りで間違いではないのですが、どうもけんか腰になりがちです。
 9日付の産経新聞のコラムで、曾野綾子さんが関連したことを書いていますが、読んでいてなるほどそういう言い方もあるなあとひざを打ちました。

 「オバマ大統領やケ不ディ大使のような人に会う機会が仮にあったら、落語に出てくる物知らずでずうずうしい長屋の住人みたいに、つい口走ってしまいそうな言葉はある。それは「誰と組むと言ったって、日本と組んでおく方が、絶対にお得ですがねえ」というセリフだ。」
 理由は「防衛にせよ、経済圏の形成にせよ、日本人という集団ほど、組織を理解し、手抜きやズルをせず、汚職をせず、正直で働き者で、末端までことを正確になそうとする国民性というものは、そうそうはいないということ」で、
 具体的には「道にはゴミーつ落ちていず、トタンや木片で作った貧民街もなく、自動車はクラクションーつ鳴らさず、路線バスはほぼ時間通りに来る。 
 新幹線は開業以来半世紀、乗客の死亡事故一つ起こさず、電気も水道も停電や断水をすることはめったにない。たった数人の生徒のためにも村の分教場を置き続け、救急車は懐に1円も持っていない身分のわからない病人でも必ず乗せて医療機関に届ける。代議士が民間の会社から8億円を受け取ると、その金の使われ方をニュースが毎日追いかける」

「国民の多くが、聞違いなく、私以上に算数ができる。文字も書ける。義務以上に、創意工夫をし、社会のために働けることに意義を見いだしている。
 こんな国民性というものが、地球上にやたらとあるわけではない。むしろ異例である。
 もちろん日本人に欠けた資質もたくさんあるが、基本を押さえた行動の安定性と道徳性にかけては、多分日本人は群を抜いている国民だ。この点を評価できないようなアメリカにはこちらが失望する番だ。」

 曽野さんが永年続けていることに、身体の不自由な人たちをキリスト教の聖地巡礼に連れて行ったり、世界の辺地で医療活動をしている日本のシスターたちへの援助も、ご自身が現地を確かめた上で数十年も続けています。
 フジモリ元大統領を長い間自宅に匿ったり、『日本財団』の会長を引き受けたりと、敢て火中の栗を拾うこともします。
 
 とかく理想論や時の風潮を見ながら発言する、世にありがちな“胡散臭い”文化人!と異なり、身体を張ったボランティア活動を続けている曽野さんだからこそ、近ごろには珍しい“おとこ気”のある人として、その説得力は群を抜いていると私は思っています。
 
 但し、相手に物申すだけではなく、日本人への苦言も忘れません。
 「日本人は自戒し続けなければならないだろう。若者に辛抱や勇気を教え、豊かさにも貧しさにものびのびと対応できる心身の力を備えてもらわなければ、日本の世界的地位はたちどころに転落するに決まっているからだ。」と提言しています。

by oantaka | 2014-04-11 20:08 | さざえのつぶやき

ウィンドウズXP

甲府郊外の限界集落に住むお年寄りのブログが楽しみで、毎日楽しみにしていました。
 今日のブログに「PCが絶不調のところにXPのサポートがなくなり、皆様にご迷惑がかかる恐れがあるため暫くお休み致します」という告知?がありました。
 PCってパソコンのことだと思うのですが、OSのサポート云々ということは、セキュリティやウィルスに関係することなのかと思うのですが、わが家は相棒さん始め家族全部がそれぞれMacユーザですが、7台のパソコンでOSも新旧ばらばらですが何の不調もないのです。
 ほかにもXPで困ったという話を聞きましたし。
 どなたか、それはこういうことだよと教えてもらえませんか。

写真はハルノノゲシ

d0170960_20333886.jpg


by oantaka | 2014-04-08 20:34 | さざえのつぶやき
line

日が山の端にかかる残り少ない時間。思い浮かんだあれこれの独り言です。


by pantaka
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30