<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


日本農業は冷遇されている!?

  「補助金浸けの金食い虫」は、大方の日本人が思っている、この国の農業への印象ではないでしょうか。
 私もそのように思っていました。
 ところが三橋貴明さんは、全くアベコベですよ〜と警鐘を鳴らしています。(will10月号P24)

 ヨーロッパの、農家の所得に対する国の税金負担は90パーセント以上と公務員並み、アメリカは26.4パーセント、穀物系は50パーセントで而も穀物については輸出補助金が上乗せされます。
 
 日本の場合は、税金による補助は15.6パーセントで主要国中最低だそうです。

 この開きはどういうことでしょうか。
 つまりは「食料安全保障」「国防」に対する危機感の違いといっていいでしょう。
 
 ただでさえ経営規模が小さい日本の農業は、日本を1とすればアメリカは75倍、ヨーロッパは6倍、オーストラリアに至っては1,309倍ということで、単位面積当り或いは牧畜なら飼養頭数の比較では問題にならない収益ですから、農家の努力以前に、国による一層の配慮が必要ということになります。
 
 ご承知のとおり農業は今壊滅の危機にあります。
 国の政策が農業を厄介者扱いすることで、百姓の誇りを失うことになり、後継者がなくなり荒れ地が増え続け、地域の紐帯が音を立てて崩れています。
 
 他の先進国並に政策変更があれば、例えば離島にも人が住むようになり、国防の点でも防波堤になります。
 自治体は色々と工夫して地域の活性化を図っていますが、予算措置が伴えば「都会の喧騒を離れて、緑豊かな環境で子育てしたい」という若い人が増えて来ることになると思います。
 


by oantaka | 2015-09-29 21:06 | さざえのつぶやき

孫たちへ 次は新しい憲法を

  反対があろうがなかろうが、多数の意見に従うという民主主義の国なら、初めから成立が決まっている安保法案の茶番劇が終わって、先ずはめでたしと言うところだね。
 而も自分からの提案や対案を持ち合わせず、なりふり構わず子供じみた反対を叫ぶだけの野党の有り様は、心ある人たちの気持ちを離れさせるだけだったのじゃないかな。
 これで漸く、アメリカの“乳母(おんば)日傘”から、少しは自力で自分を守るスタイルが出来たということかと思う。
  完全ではないけれども、漸く世間並みの国に近づいた、とジイは思う。
 
 日本は世界に誇っていい憲法を持っていると思うけれど、身を守るという点で苦しい言い訳をしなければならないのは、どう考えても不自然だと思う。
 恫喝に対しては、毅然とした態度が出来るような憲法の条文を持たねばならないのじゃないかな。


d0170960_2165429.jpg


by oantaka | 2015-09-28 21:07 | さざえのつぶやき

喜びは作り出すもの

 アメリカ最北東部バーモント州に30万坪という広大な敷地に住むターシャ・テューダー。
 2008年6月18日、92歳で亡くなるまで絵本作家として不動の地位を占める傍ら、四季折々の花を愛で、ガーデナーとしても世界に聞こえたその暮らしぶりは、何故か気がめいった時などに、手あかのついた言葉ですが、癒され元気づけられます。
 一言で言えば19世紀アメリカの農民の、多くを望まず質素で自然に感謝し、たゆまずに努力するという、日本人にも共感できるライフスタイルといえましょうか。
 
 殊に庭の花々の配置は、色彩、草丈、開花時期、種類すべてに計算し尽くされた跡が見えてほれぼれします。
 
 NHKが独自に撮影した番組ですが(BS103)色の再現の美しさは、カメラマンがただ者ではないという驚きがあります。
 
 言葉でくどくどと言っても仕方ありませんので、便利な『オン・デマンド』という方法があるようですので、アクセスしてみてください。


d0170960_18245658.jpg

d0170960_18242723.jpg


by oantaka | 2015-09-12 18:25 | さざえのつぶやき
line

日が山の端にかかる残り少ない時間。思い浮かんだあれこれの独り言です。


by pantaka
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30